加齢臭つて?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用
移動: ナビゲーション, 検索
加齢臭(かれいしゅう)は、中高年特有の体臭の俗称。「かれいしゅう」が「カレー臭」に聞こえ「カレーライスの臭い」と勘違いすることもあるので使用には注意したい。

2000年12月11日に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドのノネナールであることが発見された。この体臭は、資生堂により「加齢臭」と言う名称が付けられた。「加齢臭」という言葉が一般的になり始めて間もない頃に「カレー臭」と思いカレーライスの臭いだと勘違いする者も存在した。

この体臭成分は、成分は青臭さと脂臭さを併せ持ち、男女ともに性差なく40歳代以降に増加が認められる。ノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は機能性香料で抑えることができる。

posted by 加齢臭対策 加齢臭 at 06:09 @@
| Comment(0) | TrackBack(0) | 加齢臭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。